医療ファクタリングの効果的な利用方法とは

subpage01

医療ファクタリングが注目を集めています。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

診療報酬債権を早期に現金に換えることができるため、開業当初のキャッシュフローの改善や、年度末の経費がかさむ時期などに効果的に利用することで経営を安定させることができ、出費の多い病院経営に於いては大きな利用価値が有るものとなっています。
医療ファクタリングの仕組みは、本来保険診療分が申請後2か月の期間を待たなければ支払われないという問題点を改善するために生まれたものです。

一般的には診療を行い、その場で診療費を受け取ることで実際の診療とその報酬がリンクするのですが、診療報酬制度では2か月の時間差が有るため、その間の出費をどの様に充当するかで病院の経営が左右されるという課題がありました。

その為、特に費用の掛かる時期に現金が無く支払いが行われないと倒産の危険も有り、その点が病院経営を難しくするものとなっていたのです。


しかし、医療ファクタリングは現金を早期に入手できるため、病院経営を安定化させることができる代わりに本来の2か月遅れの収入を元にしたキャッシュフローを前倒しにすることになるため、経営の方法も2か月前倒しになってしまう危険が有ります。



その場合、様々な資金計画が大きく影響を受けるため注意する必要があります。
特に病院を開院する場合などは銀行からお金を借りることが多く、その返済計画にも影響を与えることが少なくありません。



この様な点も十分に考慮し、2カ月遅れの本来のキャッシュフローを前提にしながら利用することが効果的な利用方法です。