鎌ヶ谷で葬儀を執り行うときのマナー

subpage1

葬儀にはいくつか形式があり、ご遺族がその形式のなかから執り行うものを選択します。
最近は家族葬というご遺族とごく親しい人だけで執り行う形式もあります。

ご遺族以外は親しい人だけなので、故人をゆっくりと見送ることができるというのが選ばれる理由だといいます。

鎌ヶ谷の葬儀の情報を公開しています。

この形式は鎌ヶ谷でも選ばれることが多く、故人を静かに見送りたいというご遺族の希望や生前故人が希望していたから、ということで家族葬を執り行う場合も多いです。
鎌ヶ谷以外の地域やほかの都道府県などでも家族葬を執り行う、故人との最後の別れを惜しんでいます。

葬儀にはほかにも主に選ばれることが多い形式があります。

直葬、一日葬、一般葬です。
一般葬は昔から執り行われてきた形式です。

直葬は亡くなった病院などからご遺体を火葬場へ搬送して荼毘にふしてから社葬などを執り行うときに選ばれることが多いといいます。

一日葬は言葉通り、一日で葬儀を執り行ってしまうという形式です。
これの形式は鎌ヶ谷でもほかの地域でも執り行われることがよくある形式です。

朝日新聞デジタル関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

どの形式の葬儀でもきちんとご遺族に失礼がないようにマナーを考えて参列をすることが大切です。



服装は喪服はご遺族が喪に服しているという意味で着用されるものなので、ブラックフォーマルなどを着用します。男性は黒のネクタイ、金具がついていない靴、女性の場合はアクセサリーなどは身につけないようにして、メイクなども落ち着いたものにしておきます。

葬儀の補足説明

subpage2

千葉県鎌ヶ谷市は、県北西部に位置し柏市や船橋市といった大きな街に隣接した人口10万人ほどの中規模の街です。東京へのアクセスの良い便利な土地と言えます。...

next

初心者向き葬儀

subpage3

鎌ヶ谷市は、千葉県のなかでもやや内陸のほうに位置しており、下総台地の中心にあることから、開発に適当な平坦な土地が多くなっています。そのため、東京都や千葉市で働く人々をターゲットとしたニュータウン開発が進んでおり、葬儀に代表される伝統的な冠婚葬祭の在り方についても、新しい流れが受け入れやすい土壌にあります。...

next

詳しく知りたいなら

subpage4

千葉県内の他エリア同様、鎌ヶ谷市でも、隣近所の住民に助けられながら自宅で葬儀を行うといった光景がほとんど見られなくなりました。病院で亡くなった故人は自宅に帰らず、斎場に搬送されて、そこでお通夜も告別式も行われるようになっています。...

next

専門知識

subpage5

鎌ヶ谷市は都心から25キロ圏内にあることから、首都郊外の住宅都市として発展してきて多くの人々が住んでいるため、複数の葬儀社が鎌ヶ谷市内にあります。おすすめの1つとして鎌ヶ谷市にある葬儀社です。...

next