医療保険制度とファクタリングの関係

subpage01

日本の公的な医療保険は、国民皆保険です。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

つまりこの世に生を受けた時から、必ずこの保険には加入する必要があります。



そして実際に必要な医療サービスを受けた際には、その費用の一部はこの保険によって補助されます。


健康な人は保険料の払い損であるとか、高齢者の増加に伴い財政が圧迫されているなどの問題点はありますが、それでも国民が等しく医療サービスを受けることができるこの保険の存在意義は、非常に大きいものがあります。

一方の医療サービスを提供する側にとっては、実際に窓口で支払われた以外の金額は、保険者に請求する必要があります。


支払いが済んでいない残りの部分は、サービス提供側にとっては収益ですら、申請は欠かすことができない業務です。


ですが申請をしてからすぐに現金が振り込まれると言うわけではなく、実際に払われるまでにはある程度の時間を要します。
このことが、サービス提供側にとっては財政を悪化させる要因になることもあります。

ですがファクタリングの制度を利用すれば、この時間は解消されます。



これはファクタリングの業者によって、サービス提供が終了している分の債権が買い取られ、保険金の支払いよりも早くにその分の現金が支払われるためです。


ただしファクタリングにおいては、債権がその値段のままで買い取られると言うことはなく、だいたい8〜9割の価格で買い取られる仕組みになっています。

将来的に入ってくる収益を先取りすると言う仕組みですので、利用しすぎると将来的に入ってくる収益は減ってしまうと言う点には注意が必要です。