鎌ヶ谷市の葬儀について

subpage01

鎌ヶ谷市は、千葉県のなかでもやや内陸のほうに位置しており、下総台地の中心にあることから、開発に適当な平坦な土地が多くなっています。

鎌ヶ谷の葬儀情報探しのヒントをお教え致します。

そのため、東京都や千葉市で働く人々をターゲットとしたニュータウン開発が進んでおり、葬儀に代表される伝統的な冠婚葬祭の在り方についても、新しい流れが受け入れやすい土壌にあります。

鎌ヶ谷市の一般的な葬儀では、通夜のあとに告別式があり、それぞれ菩提寺の僧侶が読経を上げ、参列者が焼香をするスタイルです。葬儀のあとの火葬や納骨については、それぞれ家族や親戚が集まり、身内だけで行われるため、葬儀のような大々的に地域や会社の人々までを巻き込んだ儀礼とはやや位置づけが異なっています。


鎌ヶ谷市には民間の葬祭ホールも多く、基本的には幹線道路沿いや、野田線、成田線、北総鉄道などの鉄道駅の周辺に展開しています。これらの施設は広い駐車場と、規模にあわせたホールをいくつか有しています。そのため、社会的に地位のある人が亡くなった場合の大規模葬から、少人数だけで執り行われる家族葬まで、ある程度の幅のあるパターンに対応することが可能です。

goo ニュースの口コミ情報を参考にしよう。

また、通夜のときには亡くなった人のそばで寝ずの番をすることも、伝統的にある習慣ですが、その際の宿泊ができる施設も葬祭ホール内にあるのが一般的です。



家族や親族だけでもそれなりの人数にのぼることから、これらの施設にも十分な室数が用意され、需要に対応しています。