変わりつつある千葉県鎌ヶ谷市の葬儀

subpage01

千葉県鎌ヶ谷市は、県北西部に位置し柏市や船橋市といった大きな街に隣接した人口10万人ほどの中規模の街です。東京へのアクセスの良い便利な土地と言えます。


そういった鎌ヶ谷市の葬儀が今変わりつつあります。従来鎌ヶ谷市も、他の県内他市と同様お葬式に際して、近隣住民が葬式組や葬式班として手助けしてくれるのが一般的です。

どんな人にも鎌ヶ谷の葬儀のことならこちらのサイトをご覧ください。

町内会が主導して葬儀を執り行うことが多くみられます。
また故人が長寿を全うした場合、紅白の紐を通した5円玉をポチ袋に入れて葬儀の参列者に配るという風習があります。


このように、比較的都市部に近い地域ではありますが、まだまだ古い慣習が残っています。

毎日新聞情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

しかし昨今家族葬に代表されるような小規模のお葬式を希望する人が増えてきています。家族葬とは文字通り、親戚やごく親しい知人にのみ葬儀に参列してもらう式のことです。



勿論近所の人は参列しません。
今までのように、近所人に手伝ってもらうことを負担に感じる人が増えたことと、大きな規模のお葬式をすればそれだけかかる費用も増えることを考えたからでしょう。
生前に家族葬を申し込む人も増加しています。
特に子供が遠方に暮らしている場合、近所の人と交流がないことも多く残された家族のことを第一に考えているからと最期は静かに身近な人におくられたいと願う気持ちが強いからです。


お葬式での古い慣習が残る鎌ヶ谷市でも、東京に近いような街ではこれからもこういった小規模の葬儀を選択する人は増えることでしょう。